車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

車両保険の種類について

自動車保険の任意保険へ加入する際、最も悩まれるのが「車両保険」への加入についてだと言われています。
その理由は、ほかの自動車保険よりも保険料が高額だからです。
そもそも車両保険へ加入する必要はあるのかどうか、という点から考える必要があります。
これは全ての自動車にとって適性のある自動車保険とは言えません。
車両保険は、自動車の修理費用を保険金として受けとることができる自動車保険です。
ですが、そもそも対象となる自動車の市場価値がどの程度かによって、車両保険へ加入する意義は異なります。
所有して10年も経過しているような自動車であれば、車両保険へ加入する必要はありません。
そして、車両保険へ加入する場合も、1つ悩むことがあります。
それは車両保険に種類があるからです。
車両保険には「一般車両保険」と「エコノミー+A」そして、「エコノミー」という3つの種類があります。
一般車両保険は、補償の対象が広く自動車事故だけでなく、盗難やイタズラ、火災や台風、洪水、高潮など様々な災害によって受けた損害も補償の対象となっています。
そしてエコノミーとは、補償の対象を自動車対自動車の事故のみに限定しています。
非常に補償対象が少ないですが、その分保険料は最も安いものとなっています。
そしてエコノミー+A(アクシデント)は、エコノミーと一般車両保険の間の補償となっています。
充実した補償がほしい場合は一般車両保険へ加入することに適性がありますが、保険料は高くなります。
保険料を抑えたい方はエコノミーが適していると言えます。
Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2017車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険.All rights reserved.