車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

無保険車傷害保険の特徴

自賠責保険は、自動車を運転する上で必ず加入する必要のある自動車保険です。
このような自動車保険に加入している自動車のことを被保険車と呼びます。
自賠責保険は、自動車を所有し、公道を走るために加入が必要となっています。
逆に言えば、公道を走っている自動車は全て、自賠責保険へ加入していることになります。
ですが、現実には自賠責保険へ加入していない自動車も公道を走っています。
さらに、自賠責保険だけでは補償が不足しており、任意保険への加入も必須と言われています。
ですが任意保険は全ての被保険車が加入しているわけではありません。
あくまでも任意による自動車保険のためです。
では、自賠責保険へ加入していない自動車や、自賠責保険のみ加入している自動車と事故を起こした場合は、どうなることが予想されるでしょうか。
これは、こちらの損害に見合った補償を受けることができないと想定されます。
例え自賠責保険へ加入していても、対人のみの補償となっており、なおかつ保険金額は4,000万円が上限となっています。
そのため、補償が不足することは簡単に予想できるでしょう。
このような場合に適用される自動車保険が、「無保険車傷害保険」です。
無保険車傷害保険の補償は無制限で2億円までの補償を受けることができます。
この無保険車傷害保険での補償対象は、任意保険へ加入していない事故相手や対人賠償責任保険へ加入していても保険金が支払われない事故相手、対人賠償責任保険へ加入していても保険金額が不足している事故相手、さらに事故の相手が特定できない場合、となっています。
例えば当て逃げをされた際は、この無保険車傷害保険の補償を受けることができます。
Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2017車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険.All rights reserved.