車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

自損事故傷害保険の補償

自動車による交通事故は、必ずしも相手があるとは限りません。
自身の運転によっては、単独で事故を起こすこともあります。
このような場合、損害は自身だけではありません。
自損事故でも、損害を受ける相手というものが存在することがあります。
そのような場合を補償の対象としている自動車保険が「自損事故障害保険」です。
自損事故傷害保険の補償が適用されるケースというのは、事故における過失割合が0:100の時です。
すなわち加害者が100パーセント悪いとされる事故の際に、補償が適用されます。
ですがここで問題なのが、自損事故の事故相手は人に限ることではありません。
例えば住宅や店舗、電柱、ガードレールなど、財物に対して損害を与えることが多々あります。
ですが、自損事故傷害保険ではこれら財物は補償の対象とはされておらず、あくまでも人に対する補償のみとなっています。
そして一部例外として、財物に衝突したことによって、人が損害を受けた場合は補償の対象となっています。
そして自損事故傷害保険の最も大きな特長として、補償の対象となる人にドライバーも含まれるという点です。
対人賠償責任保険などでは、ドライバーは補償を受けることができません。
そのため、ドライバーが保険加入者の場合は、非常に魅力的な自動車保険と言えます。
ちなみに、この自損事故傷害保険と人身障害保険の両方に加入している場合は、人身障害保険が適用されます。
自損事故傷害保険は、無免許運転や飲酒運転などの場合、補償を受けることができません。
また、過失や故意と認定された自動車事故の場合も同じく、補償の対象とはなりません。
Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2017車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険.All rights reserved.