車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

人身傷害補償保険の情報

搭乗者傷害保険は、自動車事故を起こした際に、自動車に搭乗している人すべてを補償の対象とした自動車保険です。
そして、この搭乗者傷害保険と似た補償を持つものに「人身傷害補償保険」があります。
人身傷害補償保険とは、すべての人を補償の対象とする自動車保険です。
自動車に搭乗している人すべて、さらに保険加入者である人やその家族、親族なども補償対象に含んでいます。
また、自動車に搭乗している時以外に、自動車事故で損害を受けた場合も補償の対象となっています。
例えば、歩行中や自転車に乗っている最中なども、この人身傷害補償保険で補償を受けることができるようになっています。
この点は搭乗者傷害保険と大きく異なる点と言えます。
さらに、人身傷害補償保険最大の特長と言えるのが、自動車事故の示談に関わらず、先に保険金が支払われるという点です。
他の自動車保険は、示談が成立後に保険金が支払われるようになっています。
そのため、被害者や自身の治療費などの補償を立て替える必要があります。
ですが人身傷害補償保険は、先に補償を受けることができるため、お金の工面を心配する必要はありません。
ですが、人身傷害補償保険は、冒頭にある通り、搭乗者傷害保険と補償が重複しています。
自動車保険は損害保険のため、損害以上の保険金は支払われることはありません。
すなわち補償を積み重ねたとしても、実損額以上の補償を受けることはできません。
そのため、加入する際は、補償の重複に注意することが肝心です。
Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2017車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険.All rights reserved.