車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗者傷害保険の中身

任意保険の対人賠償責任保険は、自動車事故を起こし、人が受けた損害を補償する自動車保険です。
そしてこれとは別に、人を補償の対象とした自動車保険に「搭乗者傷害保険」というものがあります。
この搭乗者傷害保険とは、自動車事故による被害者となった人物を、自動車内に搭乗している人物としています。
通行人に対して自動車事故で損害を与えた場合は、この搭乗者傷害保険では補償されません。
あくまでも自動車に搭乗している人物のみを補償の対象としている任意保険です。
そして、自動車事故を起こした人物の自動車に搭乗している人や、事故相手の自動車に搭乗している人物を補償の対象としています。
搭乗者傷害保険では、その特徴に補償の種類があります。
「日払い」と「部位・症状払い」という契約があります。
日払いとは、治療費用を直接補償するもので、部位・症状払いとは、けがの箇所や症状度合いによって保険金額が決定されます。
この部位・症状払いでは、免責日数が設けられています。
免責日数7日間となっていると、補償の対象となるには8日間以上の治療日数が条件となります。
さらに、補償の対象期間というものが設けられており、例えば120日間となっている場合は、それ以上の治療日数は補償を受けることができないものとなっています。
また、搭乗者傷害保険では、飲酒運転や無免許運転などによって自動車事故を起こした場合、その補償を受けることができません。
また、搭乗者傷害保険と人身障害補償は、補償内容が重なっている箇所がありますから、比較してから加入する必要があります。

話題になっている自動車保険、情報量が多いこのサイトをブックマークしましょう

Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2017車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険.All rights reserved.