車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

対人賠償責任保険について

自動車保険には、強制加入の自賠責保険と、任意による任意保険があります。
自賠責保険だけでは、補償が乏しいものとなっており、任意保険への加入は強制ではないとはいえ、必須と言うことができます。
任意保険には様々な補償があります。
任意保険の中で、人を補償対象としたものが「対人賠償責任保険」です。
この対人賠償責任保険とは、自動車事故を発生させ、人に損害を加えた場合を補償の対象としています。
ですが、これは自賠責保険と補償の対象が重なっています。
自賠責保険は対人の補償のみを備えた自動車保険です。
そして対人賠償責任保険は、自賠責保険で支払われた保険金額が、補償に満たない場合に適用されます。
すなわち自賠責保険の不足分を補うものが、対人賠償責任保険です。
対人賠償責任保険の補償の対象は、自動車事故によるすべての人物となっていますが、保険加入者は補償が適用されません。
また、保険加入者とその家族・親族も補償を受けることができません。
対人賠償責任保険の補償対象とは、あくまでも第三者となっています。
自動車による交通事故での被害者は、多大な損害を受けることになります。
そのため、その損害の賠償を加害者へ請求する権利を持っています。
そした大半の自動車事故では、その損害賠償請求額は1億円といったきわめて高額なものとなっています。
このような高額な損害賠償請求を、保険に加入しなくても支払うことができる方は別ですが、大半の方は保険額を用意することは難しいでしょう。
被害者に誠意を示すためには、十分な補償を行うことが最も重要です。
Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2017車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険.All rights reserved.