車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車による事故と自動車保険

自動車による交通事故は、若干減少傾向の推移を辿っていますが、依然として自動車事故がなくなることはありません。
自動車による交通事故では、被害者と加害者が必ず発生します。
そして大半、自動車側が加害者となります。
そのため、自動車賠償責任保険への加入は、必要最低限のことと言えます。
交通事故による被害者は、死亡者数の割合が減少しています。
これは自動車の機能の向上や、医療技術の発展が理由となっています。
実際、交通事故によるけが人の数は、交通事故と同じ推移をしています。
死亡者は減少していますが、けが人が減少していることはありません。
すなわち、自動車事故は、ほとんどのケースがけが人をつくっていることと言えます。
そして、自動車による交通事故自体が、大幅な減少傾向にあるわけではありません。
そのため、自動車を所有している方は、保険に加入する必要があります。
強制加入である自賠責保険への加入は当然のこと、補償をさらに上乗せするために任意保険への加入は必須と言えます。
任意保険には、様々な補償を持った契約があります。
それらすべてに加入すれば、確かに補償は満足いくものとなるでしょう。
ですが、保険商品とは、保険料と保険金は比例する関係にあります。
補償を充実させようと契約数を増やせば、それだけ保険料が高くなります。
保険商品は補償の充実度も大切ですが、それとともに保険料と保険金のバランスが重要です。
このことを考慮して自動車保険へ加入するようにしましょう。
Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2017車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険.All rights reserved.