車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険の構造

マイカーを購入した際に加入する保険ですが、自動車保険には「自動車賠償責任保険(自賠責保険)」と「任意保険」の2つがあります。
自賠責保険は、加入が義務化されている自動車保険で、任意保険は自動車の保有者の任意によって加入する保険となっています。
自賠責保険は、義務化されている自動車保険ですが、その補償内容を十分ということは難しいでしょう。
自賠責保険は、死亡した際の補償額が3,000万円を上限としており、この中には慰謝料や損失利益、葬儀費用なども含まれています。
そして、死亡に至るまでのけがの場合は、1人につき120万円が限度額となっており、慰謝料、治療費、休業補償などとなっています。
そして後遺障害と場合は、1人につき75万円からとなっており、上限が4,000万円となっています。
これは後遺障害の等級によって、補償額が異なります。
等級は1から14級まであり、常時介護が必要な後遺障害の場合、1級が4,000万円の上限となっており、それ以外は1級でも3,000万円が限度額となっています。
そして、けがの場合は120万円が上限となっています。
この補償は、1事故に対して1度支払われることになっています。
例えば2度事故を起こした場合は、2度補償が行われます。
そして、自動車事故の被害者が複数の場合は、一人ずつに保険金が支払われようになっています。
このように、自賠責保険の保険金額は、最大でも4,000万円となっており、一般の事故における補償としては不十分なものと言えます。
そのため、強制加入の自賠責保険だけでなく、任意保険への加入は必須と言えます。
任意保険は、自賠責保険で不足している保険金額が補償される保険です。
自賠責保険へ加入しておけば、事故を発生させてしまった場合も、事故相手に十分な補償を約束できるものとなっています。
自動車を所有している方は、任意で加入の保険であっても、任意保険への加入は、いざという時のために加入しておくことが肝心と言えるでしょう。
Search

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2017車を買ったら次に買うのは・・・自動車保険.All rights reserved.